まめのきブログ

【ハンドメイド・デザイン・ライティング】まめのきイベントスペース(MAMENOKIES) では、メンバーみんなでマイペースに新しい作品を制作中です。

今は出来ない20代の頃の一人旅について

原口統三の墓参り目的で行った赤城山
②一人でツアーに参加したニューヨーク旅
 
 
原口統三とは、旧制一高生で、19歳で自殺した、『二十歳のエチュード』だけを残して、私の父世代の人達の間で当時ブームになった人物で、ちょうど三島由紀夫より1才下で誕生日が同じ(三島は特段彼についてコメントしていない)である。
 
私は父の影響で、「エチュード」に紹介されていた山小屋の大隈さんまで頼って同級生が立てたという墓碑銘を見に行った形である
 
大隈さん曰く、彼らは老成していたという(確かに戦後、皆、生きようと必死に前向きな時代に、自殺すると宣言して同級生の認知の元死んでいった、ある意味時代に逆行していた)
そして数日前にも、あなたのように20歳の若者がバイクで訪れたよと、おっしゃっていて、言わば20歳の通過儀礼的存在と言えるだろう。
 
そういう私もすっかり卒業できたので、今がある。〝原口統三の信奉者は、常に20歳である″
 

 

 
 
②大学1年の時の1年間だけ早稲田の劇研に在籍していたのだが、先輩のほとんどが卒業旅行にニューヨーク一人旅というのが定番になっていて、私もまねっこで、さすがにツアーに参加という形でだが、ニューヨークに一人で行って来た。が、しかし、やったことは五番街を歩いただけという残念な内容。
 
今だったら本場のジャズクラブへ行ったり、OFF OFFブロードウェイを見に行ったりとアイデアは尽きない。物事って思い通りに行かない。
(一応ブロードウェイ観劇はツアーに組み込まれていたが、印象に残らなかった。演目は「レ・ミゼラブル」そう言えば、民衆の歌はこのコロナ禍にて話題になっていた)
 
旅と言えば、かつてバックパッカーに憧れた時期もあった。
今はがんばって国内旅行か。でも国内も行ったことがない所、多々あるし奥が深そう。
最近ネットで見た所で、四国、香川の父母ヶ浜に興味を持った。でも旅って計画を立てている時が楽しくて、中々実行に移せないというのが私の弱点でもある。
 

 

 

最後までご覧いただき有難うございます😊

「また見に来るね ♪」

という方は、ぜひ読者登録をお願いします!

まめのきイベントスペース(MAMENOKIES)って何ですか?