まめのきブログ

【ハンドメイド・デザイン・ライティング】まめのきイベントスペース(MAMENOKIES) では、メンバーみんなでマイペースに新しい作品を制作中です。

エトセトラ…。

色々なことを書きます。

街歩きをしながら、よく写真を撮ります。

(とは言えスマホでバシャッとだけですけど) 

 

今まで撮った東京の名所他を公開します。

 

中々実現できないのが工場夜景です。

昔テレビドラマで、綾野剛(バイク事故で若くして亡くなった第三舞台の花形役者、岩谷真哉に面影が似ている)扮する、ゲイの青年が好きな人を工場夜景を見るのに誘うというのを見て、憧れました。

 

 

 

さて、あとは最近、家にあるDVDで念願の神田伯山の松之丞時代の『講談』と、『マッドマックス怒りのデスロード』を視聴しました。

 

(ピーターブルック『なにもない空間』の冒頭にあるような)ドラマティックに弱い私は、『講談』のそういう部分に引き込まれました。

『怒りのデスロード』はバトルが疾走する世界観に圧倒されました。

カルトムービー化しているので、モノクロ版(<ブラック&クローム>エディション)も出ていて面白そう。

 

 

 

 

 

最後にアーティスト系の話題に移ります。

私が子供の頃のおねえさん・おにいさん世代である、´60年代 ´70年代に憧れていて、なので例えば、中島みゆきとか山崎ハコらを推しています。

皆デビュー曲から既に老成というか、その人の特徴が全て出ていると思います。

中島みゆき「傷ついた翼」

山崎ハコ「とびます」

(ちなみにユーミンのデビュー曲は「ひこうき雲」多分。あっているかどうか?)

 

中島みゆきの哲学は、関係への飢え、諦めと洞察だし、山崎ハコは青春の叫びとでも言いますか。

以上、色々な作品紹介でした。

 

 

 

最後までご覧いただき有難うございます😊

「また見に来るね ♪」

という方は、ぜひ読者登録をお願いします!

 

👉まめのき職員もブログを執筆中です!

 

mamenokies.com