まめのきブログ

【ハンドメイド・デザイン・ライティング】まめのきイベントスペース(MAMENOKIES) では、メンバーみんなでマイペースに新しい作品を制作中です。

アラカルト25 映画『約束のネバーランド』を見て思う事。


www.youtube.com

 

実写版の『約束のネバーランド』を見て、ノーマンがその後どうなるのかが気になった。生徒たちの脱出はノーマンの策略抜きには考えられないものだった。同作品1作目でエマとノーマンとレイの3人の中で一番の功労者はノーマンだと思う。

 
何回か映画を見た後にノーマンの推理が鮮やかで、本当に1作目でいなくなってしまうのかと考えた
 
そこでネットで調べたところ、やはりノーマンは鬼の食料にされる描写があっても死んではいない。
 
同作品最後のエマの表情から見ても希望が感じられる。
 
この実写版を通じて見えたものは、人間の深層心理の’闇’だった。

 

エマを支えて来たのはノーマンとレイだけではない。エマの言動でレイは漆黒の絶望を味わっていた。エマの若いが故の「作ればいいんだよ」と言う言葉の裏に見え隠れする誰もが持つ「この人を信じる」という感情の不平等さが残酷な物語だった。

 

 

最後までご覧いただき有難うございます😊

「また見に来るね ♪」

という方は、ぜひ読者登録をお願いします!

まめのきイベントスペース(MAMENOKIES)って何ですか?